『なんくるないさ〜』 気楽に石垣島人計画

アクセスカウンタ

zoom RSS シマフサラシ

<<   作成日時 : 2008/06/25 19:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

今日は疫病や農作物の病害を防ぐ伝統的な行事『シマフサラシ』を紹介します。

石垣島白保地区の神事の中には、海との関わりが強いものが幾つかあります。
シマフサラシは、かつて疫病や農作物の病害で村が疲弊していたときに行ったと伝えられる儀式で、波照間島でも行われているようです。

今年は6月22日に白保地区の海岸でシマフサラシが行なわれました。

シマフサラシはシマ(八重山では集落のことをシマと呼ぶ)を腐らす(フサラス)という意味です。
パナシキ(流行病や風邪)が集落に入らないように、西、北、南の3方(東は海)の入口に、馬の血で染めたわら縄を張り、文字通りそれを腐らせるというものです。

この他、芭蕉の小さな船に玖波の葉を穂にしてニンゲイ(願い)をしてから、馬肉、花米、酒、板香、蝋燭を乗せて、更にバッタなどの害虫を虫かごに入れて海へ流します。

神事を執り行う人はニンゲイビト(願い人)と呼ばれ「パナシキ ダ ムール ムッチオーリ タボーリ(疫病など 全部 持っていって 下さい)」と拝みます。

画像

こちらの写真を転載しています

これは、災いが村に入らないように血染めの縄で結界を張るとともに、東の海の彼方にパナシキを持っていってもらうというものです。

昔は、滅多に肉を食べることが出来なかったことから、村人の栄養補給もかねて、馬肉のお汁(ンマヌスー)を炊いて振舞ったそうです。

この行事は2001年に復活されたもので、それまでの50年間は途絶えていたようです。

海との深い関わりを感じることのできる神事ですので、今後も続けてもらいたいです。

【MicroAd(マイクロアド)】にも登録しています。
画面右「広告スペース」のリンクを「ポチッ」とクリックすれば、興味を持った広告の詳細が見れます。


他の方にもご迷惑をかけることとなりますので、MicroAdに限らず不正クリックに該当する行為は行いません。
もちろん、これからも1ユーザーとして興味のある広告は拝見させて頂きます。
当ブログの広告につきましても、お心遣いでのクリックはご遠慮させて頂きますので、何卒ご理解ください。

詳しくはこちら『MicroAd(マイクロアド)について』をご覧ください。



マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!


もし【MicroAd(マイクロアド)】に興味がありましたら、
こちらからご登録ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
海に向かっていのるというのが、いかにも南の島らしいですね。
伝統行事はそこに籠められた先人達の思いも一緒に大切に引き継ぎたいです。
江戸っ子若女将
2008/06/26 01:38
「シマフサラシ」って聞いたことありますぅ
でも、正確な意味も知らないままこの年になってしまいましたぁ まだ16歳ですけどぉ
勉強になりましたぁ
773
2008/06/26 02:25
江戸っ子若女将さん
特に東は太陽が昇ることから沖縄では「あがり」と呼ばれ、神聖な意味合いがあるのだと思います。

ナナミさん
島人候補も調べるまで、その意味もどのような行事なのかも知れませんでした。
ブログ書くのも色々勉強になります。

お二方ともコメントありがとうございました。
是非また遊びにいらしてください。
島人候補@管理人
2008/06/26 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

石垣島周辺情報

石垣島ライブカメラ
石垣島ライブカメラ
▲離島桟橋ライブカメラ 石垣島真栄里お天気カメラ
▲真栄里お天気カメラ

相互リンク

ブログランキング

広告・その他

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
シマフサラシ 『なんくるないさ〜』 気楽に石垣島人計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる